大切なペットに健康を。目の輝きを。 獣医眼科専門医がいる動物病院 安部動物病院

個人情報保護方針
病気の予防Q&A
ワクチン編
Q 犬混合ワクチンはいつするの?
Answer
子犬の場合は、次の時期を目安に3回の接種をします。

第1回接種:6−8週齢
第2回接種:9ー11週齢
第3回接種:2ー14週齢

最後の接種が12ー14週以降になるように接種します。

生後14週齢以上の子犬、および成犬ではじめて接種する場合は、3週間おきに2回接種します。

以後、年1回追加接種していきます。
(当院で接種していただいた方には、「お知らせハガキ」をお届けします。)

Q 猫混合ワクチンはいつするの?
Answer
子猫の場合は、2ヶ月に1回目、3週間後に2回目を接種します。

その後、年1回の追加接種が必要です。
(当院で接種していただいた方には、「お知らせハガキ」をお届けします。)

Q 犬混合ワクチンは何を予防するの?
Answer
次の8種類です。
1
犬ジステンパー
発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろいろな後遺症に悩まされます。
死亡率も高く、こわい病気です。
2
犬アデノウイルス2型感染症
アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器病を起こします。
3
犬伝染性肝炎
アデノウイルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり目が白く濁ることもあります。
子犬では突然死することもあるこわい病気です。
4
犬パラインフルエンザ
パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。
アデノウイルスや細菌といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群をひき起こします。
5
犬パルポイウルス感染症
血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬に突然死をもたらす心筋型もあります。
伝染性が強く死亡率も非常に高いこわい病気です。
6
犬コロナウイルス感染症
腸炎をひき起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。パルボウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。
コロナとパルボをいっしょに予防することがたいへん重要です。
7
犬レプトスピラ 黄疸出血型
8
犬レプトスピラ カニコーラ型
細菌によって腎臓や肝臓がおかされる、人と動物共通のこわい伝染病です。代表的なのは、歯ぐきの出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種ですが、この他にもいろいろなタイプがあるので注意が必要です。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので、予防が大切です。
Q 猫混合ワクチンは何を予防するの?
Answer
次の4種類です。
1
猫ウイルス性鼻気管炎
ヘルペスウイルスによる感染症で、ひどいクシャミ、咳、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こします。
高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙で顔中くしゃくしゃ、典型的なカゼの症状がみられます。
2
猫カリシウイルス感染症
かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など猫ウイルス性鼻気管炎にたいへんよく似ています。
症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができることもあります。
また、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。
3
猫汎白血球減少症
白血球が極端に少なくなる病気で、パルボウイルスが病原体。
高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状となります。
体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともあるこわい病気です。
4
猫白血病ウイルス感染症
白血病やリンパ腫、貧血、流産などを起こすほか、免疫力を弱めるため、他のいろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。
一般的な症状は、体重減少、発熱、脱水、鼻水、下痢など。
感染した猫は80%が3年以内に死亡するといわれています。
感染しても発病するまでは見た目は健康ですが、ウイルスを排泄し、他の猫へうつします。
Q 白血病のワクチンってあるの?
Answer
あります。
ただし初めて接種する場合は、感染しているかどうか検査してからになります。年1回の追加接種が必要です。
Q うちの子、外にでないからワクチンは必要ないですよね?
Answer
人がウィルスを運ぶ可能性もあるので、外にでなくてもきちんと予防しましょう。
Q ワクチンのあと、家を留守にしちゃうけど大丈夫?
Answer
ワクチン接種後は異常がでることもあるので、誰かしら様子をみているほうがいいでしょう。
具合が悪くなってもすぐに病院に来られるようになるべく午前か午後の早めの時間に接種するのをおすすめします。
Q フェレットにもワクチンって必要?
Answer
狂犬病と混合ワクチン(2ヶ月齢、3ヶ月齢、4ヶ月齢接種)が必要です。
基本的に犬に準じます。
Q 狂犬病ワクチンはしないとダメなの?
Answer
狂犬病ワクチンの接種と犬の登録は 法律で義務づけられています。
また、狂犬病は犬だけでなく哺乳類全般に感染するのできちんと予防しましょう。
Q 狂犬病ワクチンはいつするの?
Answer
生後3ヶ月以降に接種することが義務づけられています。
その後、年1回の追加接種が必要です。(登録すれば市町村区から4月にハガキが届きます。)
Q 犬の登録はどうやってしたらいいの?
Answer
台東区在住の方は、当院で登録ができます。
それ以外の方は、狂犬病ワクチン接種の証明書をお渡ししますので、お住まいの市町村区の役所か保健所で手続きをしてください。
登録は一生に一度ですので、鑑札はなくさないように注意しましょう。
済票は年1回接種するたびに新しいのをお渡しします。
病気の予防Q&A(ワクチン編)ページのTOPへ
Copyright (c) 2008 Abe Animal Hospital. All rights reserved.